手汗を止める方法と対策の豆知識

手汗を止める方法と対策に関する豆知識をお伝えしています。
MENU

手汗を止める方法と対策について

手のひらに汗がにじむ手汗はひどくなると、汗が垂れてきます。
これはレベルでは重度のレベル3ですが、
こうなると注射でとめなければならない場合があります。

 

ボツリヌス菌を注射して手汗を止める

この治療方法は皮膚科でおこないますが、直接手のひらにボツリヌス菌を注射します。
そうすると発汗を促す神経を遮断しますから、手汗は止まります。

 

ただし保険適用外であり、痛みを伴います。
また永久的ではなく、1回の注射で3〜6か月ほどなので、半年ごとに注射をします。

 

手のひらを電流で刺激して手汗を止める

弱い電流を通電した水に手のひらをつけて、
電気ショックで汗腺を刺激すると手汗が止まります。
自宅でもできますが、機材が必要なので定期的に皮膚科に通院することになります。

 

皮膚科の外用薬で手汗を止める

皮膚科では手汗の治療用に塩化アルミニウム外用制汗剤を使います。
この水溶液は汗がでる汗腺を塞ぐ作用があり、寝る前に手のひらに塗ります。
朝起きてからは洗い流しますが自宅でできるので便利で効果があります。

 

寝る時に手袋をする方法もありますが、肌が薬と合わないと
皮膚炎になることがあるので注意が必要です。

 

手のひらのツボを刺激して手汗を止める

東洋医学では手のひらの労宮(ろうきゅう)や合谷(ごうこく)というツボを押さえて
手汗を止めます。

 

身体の半側発汗(皮膚圧反射)で手汗を止める

身体には半側発汗(皮膚圧反射)があるので、これを応用して手汗を止めます。
また軽度の手汗であれば腹式呼吸でリラックスすることで手汗は自然ととまります。

 

すなわち緊張や興奮で手汗が出る精神性発汗の場合は、その緊張や興奮が収まるように
リラックスすればいいのです。

 

多くの場合、手汗を気にする人はこのタイプが多いようですが、
気持ちを楽にしていれば手汗は気にならなくなる場合が多いようです。
ただし、先に述べたような重度の手汗は病気ですから
皮膚科で適切な治療を受ける必要があるでしょう。

更新履歴
このページの先頭へ